作曲、音楽イベントプロデュースと多彩な才能をもつルーマニア出身のバイオリニスト

ジャパン・フィルムコミッション 賛助会員

日本映画テレビプロデューサー協会 賛助会員

作曲家・音楽イベント・ヴァイオリン講師

ポール・フローレア

Paul FLOREA

クラシック音楽を始め、オペラ、ジャズ、ポップ、
国際的ヒット曲、アニメーションなど、
多くの楽曲をリクエストにより演奏することができます。

1967年、ルーマニア・ブザウ生まれ。5歳からバイオリンを学び始める。ブカレストのジョルジェ・エネスク音楽高等学校、スピル・ハーレット大学の音楽学部で学ぶ。人気ジャズ・バイオリニストのフローリン・ニクレスクは音楽高校の同級生。20歳で国立オーケストラ・ラジオとジョルジェ・エネスク交響楽団に参加。1998年に来日、2004年まで長崎のハウステンポスの専属バイオリニスト、その後2009年まで、横浜の老舗ミュージックレストラン、アルテリーベを主な演奏の場とした。現在は東京在住。代官山のジャズバーでは、毎週ライブも行っている。

作曲家・音楽イベント・ヴァイオリン講師

ポール・フローレア

Paul FLOREA